日本民族総福音化運動総裁
  ソウル聖民教会元老牧師 
  リバイバリスト

                     
申 賢均

         
           Shin Kenkin

 使徒行伝2章1〜4節を見ると、命の宗教としてのキリスト教が誕生した経緯が単純ながら、しかし明瞭に記されていることがわかります。

 「エルサレムから離れてはいけません、約束の時を待ちなさい」というイエス様の言葉を堅く信じてエルサレム市内のある家に120名もの人が閉じこもって激しく祈り込んでいると、10日後の五旬節に当たる日、一同の上に聖霊があたかも激しい風のように、また舌のようなものが炎のように分かれて臨み、彼らが色々な他国語で語り始め、上から力を得て十字架と復活の福音を大胆に宣ベ伝え始めたというのです。いわゆるこれが“エクレシア”(教会)の誕生です。  

 その後教会は約2000年に亘って様々な経緯を巡ってきましたが、その間、はなはだしい迫害の暴風のために根こそぎ崩れ落ちそうになったこともありましたし、ある時は教会の中に致命的な害虫が生じて、その腐敗度のあまりの深刻さに教会の命がもう尽きたのではないかと思われる時もありました。またある時は教会が老木のように衰弱し力尽きた様に思われた時もありました。けれども、その時々に応じて聖霊の働きが激しく臨み、教会が新しい力を得て今日までに至っているのです。

 ところが、生存しているはずの教会があたかも命を失ってしまったかと思われるような状況に陥っている今日においては、今こそわれわれは後の雨を慕って第二の五旬節を待つ時にあると言えるのです。ある聖書学者は五旬節的な聖霊の働きは一過的であると主張しますが、聖書をよく調べるとそうではありません。使徒行伝2章38節には聖霊を与えるという約束があります。「われらの主なる神の召しに与るすべての者、すなわちあなたがたとあなたがたの子らと、遠くの者一同とに与えられているものである」と書かれてあるのです。

 またヨエル書2章23節には、「主は前のように、秋の雨と春の雨とを降らせられる」と約束してくださいました。春の雨というのは、冬の間固まっていた土を、種を蒔いたら芽がよく出るように軟らかくする働きがあります。秋の雨というのは収穫の直前に降り、そこに太陽が注がれいよいよ穀物を実り豊かにしていく働きがあるのです。ですから私たちは、初めの雨、即ち五旬節の時の聖霊と、イエス様再臨の前に降るとされる後の雨とを必ず受けて、実り豊かな穀物のようなクリスチャンになるべきなのです。

 それではこの第2の五旬節が、なぜこれほどまでに期待されるべきなのでしょうか。
 それは第一に、私たちが新しい人に変えられていくためです。サムエル記上10章6節を見ますと、「その時、主の霊があなたの上にも激しく下って、・・・変わって新しい人となるでしょう」とあります。確かに五旬節の時にペテロは新しい人になりました。十字架にかかられる前のイエスを「私は知らない」と 三度否んだような臆病なペテロであったのに、五旬節に聖霊の力を頂いてからは、迫害をも恐れず大胆にイエスを証しする者に変えられました。そうです。人は聖霊の力によって変えられるのです。新しい人になりたい、力強い神の証人になりたいと願う人は、この聖霊刷新協議会において本当に聖霊に触れられて新しい人に変えて頂こうではありませんか。

 私は韓国神学大学というリベラルな神学校を卒業しました。ですから当時、神学的、文学的、弁証学的な説教にこだわり、それを聞く会衆は退屈していつもあくびをする有様でした。私は牧会者としての素質がないものと思い込み、コメディアンにでもなろうかと転職を考えたほどでした。しかしある時、ソウルの南部教会から説教の奉仕を依頼され、いつもの堅苦しい説教をしたところ、「聖霊の力を受ければ世界的な伝道者になる素質がある」と私は判断され、そこに招聘されることになったのです。

 1961年9月27日のこと、まず家族を連れてプサンにある義姉のもとにお世話になりに行きました。そこで出された誠意のない朝食を不満に思い、妻とけんかをして、なんと私は着の身着のままひとりで外に飛び出し、映画館を渡り歩いて放浪の時を過ごす羽目になりました。プライドの故に義姉の家にも戻れず、腹は減り心は空虚そのもの、惨めな自分を思っている時、聖霊様からの語りかけがありました。「あなたは明日から牧会だというのに映画館巡回とはなにごとぞ。シオン教会へ行って祈りなさい」。

 シオン教会は私の神学校の同窓生のチョン牧師が牧会しており、彼は肺病を患っていたのに祈祷院で激しく祈り聖霊に触れられ癒されて後、教会が大きく祝福されているといううわさの教会でした。所在もわからなかったのに聖霊様の不思議な導きで、私はその教会の門を叩きチョン牧師に会うことができたのです。彼の「ハレルヤ!」という大声ですがすがしいあいさつに戸惑いを感じながら(当時の私は “ハレルヤ”のあいさつ語さえ知りませんでした)、彼の大胆な歓迎の抱擁の中で小さくなっていたのです。書斎に案内された私は、彼が聖霊様の促しによって私のために毎日執り成してくれていた事を知りました。ここで私は大きな体験をすることになるのです。

 異言を求めるよう勧められ彼の導きなるままに祈っていると、聖霊を求める思いがいよいよ熱くせられ、私の口から今までに祈ったことのないうめきがほとばしり出てきたのです。「チョン牧師に与えられている聖霊を私にも与えてください!」。やがて涙とともに抑えきれない喜びに満たされ異言が与えられたのでした。今まで五分と祈ったことのない私がこの時は七時間にも亘って祈っていたのです。明るい光が私を取り囲み主のみ声が聞こえてきました。「申賢均よ、お前のすべての過去の罪を赦す。今からおまえを韓国民族のために立たせる。世界中どこへ行っても私の言葉を語れ、私はあなたとともにいる!」。

 チョン牧師から新しい門出の祝福の祈りを受け、けんかして飛び出してきた妻の元へと帰って行きました。門口で迎えてくれた妻に謝り、喜びの一部始終を語ると、この日が来るのを三年も前から祈り続けていたとのこと、私よりも先に聖霊を受けていた妻の執り成しがあったことを知ったのです。このように聖霊様は私たちを新しく造り変えて下さいます!

 第2に、聖霊によって力を与えて頂くためです(使徒行伝1章8節)。それはまず“讃美の力”です。一六章には牢獄の中にあって主を讃美したシラスとパウロの姿を見ることができます。彼らが讃美をすることにより、地震という環境の変化が起こりました。また捕われの身であった者が獄吏の家でご馳走に与るという環境の変化が起こりました。讃美は環境の変化をもたらす力があるのです。

 また聖霊によって“祈りの力”も頂くことができます。エリヤは祈りの力を頂いてから信仰を持って祈った時、奇跡が起こり、雨を降らせて荒れた地に豊かな実を結ばせることができました。今、日本にもこのエリヤような力強い祈りの霊を注がれた人が多く起こされることが必要です。主のみ名によって祈りの力が注がれんことを。

 次に“伝道の力”が与えられます。聖霊を受けてより後のペテロのメッセージには人を惹きつけ説得する力がありました。一度に多くの人々を救いに導くことができたのです。それは人間の力ではなく、他ならない聖霊の力によるものでした。皆さん、伝道の力を頂いてこの国の教会をリバイバルさせようではありませんか。

 第3に聖霊により教会を刷新して頂くためです。何の力もなかった英国の教会が、ジョン・ウェスレーが聖霊のバプテスマを受けることによって、世界中に影響をもたらす教会へと変わったように、教会は刷新されなければなりません。今日本にも数十の教派があると思いますが、残念なことに分裂状態です。わずかのクリスチャンが分裂していては力がないはずです。まず日本基督教団が一つとなり、他の教団ともやがて一つになっていくならば、必ず教会は力を得ます。愛の冷えた教会が愛に燃やされた教会に刷新されていくでしょう。愛の主張者ばかりでなく実践者になろうではありませんか。そして聖霊による教会のリバイバルを待ち望んでいこうではありませんか。「エルサレムを離れないで聖霊を頂くまでそこで止まりなさい」というイエスの言葉を堅く握って祈った時、大きな力を受け大胆に福音を述べ伝える者に変えられていくのです。

 日本はいち早く欧米の文化を取り入れ目覚しい発展を遂げながらも、欧米の文化を支えている精神を無視した為に、今人間の力の限界に入り低迷しています。けれどもこの日本に聖霊運動、総福音化運動が始まれば、日本は大きく変えられ、やがてそれが世界の総福音化に繋がっていきます。「今こそ日本の国を福音化してください!、そのために今朝私たちに聖霊の大いなる満たしを与えてください!」と心から願い、熱く祈り求めていこうではありませんか。


協議会の市民権を得る
               高砂教会信徒
 
            
伊藤 瑞穂


 毎日の早天祈祷会で、祈り清められた聖堂に奉仕者が集まり、祈り会を持って本番がスタート致しました。受付には、この日を待ち望んでいた人々が続々とつめかけ、久しぶりの再会を喜び合いました。しばらくして会場に入りましたが、「満員御礼」の状態で補助椅子に着席しました。ゴスペル讃美が会場に満ち溢れています。人々が顔を輝かせて手を打ち鳴らしています。

 その中に、韓国の申賢均牧師が真っ白のスーツ姿でさっそうと登場されました。前日は少しお疲れのご様子で心配しておりましたが、それを吹き消すかのごとく力強く語り始められました。愛用のタクトを振り上げお得意の列車の音、機関銃の音等が口から飛び出してきました。聖霊を受けなさい。そうすれば、新しい人に変えられます。主より力を受けて伝道する事が出来ます。教会の刷新の為に頑張る事が出来るのです。と、励まされ改めて大きな力をいただきました。そして、ご自身のお証しをされました。ユーモアが随所にあって笑い転げながら、時に涙して聞き入りました。ご家族を大切に守りつつ主の召しに忠実に歩まれる申牧師を思い、恐れ多くもとても親近感を覚えました。聖霊体験をされた後に「世界に出て行く伝道者になれ」との神様よりの語りかけを聞いて戸惑いを感じられたそうですが、主のお言葉に従ってその通りに歩んで来られたのです。

 私はその事をお聞きして先日の準備祈祷会でメッセージされた手束正昭牧師のお証しと重ね合わせてしまいました。手束牧師は1975年に聖霊体験をされ、2ヶ月後の記念礼拝の中で「日本キリスト教団の拠点に」という預言がご自身の口を通して主が語られて、思わず自分の口を押さえてしまったと話されたのでした。お二人の大牧者が若き日、まだかけ出しの牧師時代に主からの大きな召しを受けて畏れおののきつつ、忠実に時には大胆に前進して来られました。神様は人々を用いて、み業を起こされ栄光を表されますが、いよいよ主の御器の上に油注ぎがあります様にと祈らずにはおられません。

 日本キリスト教団聖霊刷新協議会は、1997年手束牧師と数名の牧師によって始められました。その頃は聖霊に対してまだまだ予断と偏見が強くあって、周囲の無理解・誤解に苦しむ牧師や信徒が多くおられました。現に今も尚、匿名参加者がおられるという事です。1998年、第1回の世話人会が開かれました。

しかし、1年後重要メンバーであられた栃尾教会の酒井春雄牧師が天に召されたのです。一粒の麦が地に落ちて尊い贖いの実を結ぶことになりました。

 1997年7月、第1回の全国大会が奥山実牧師をお迎えして開催されました。神様が全世界に聖霊の潮流を起こしている時代に在る中で、霊的鎖国状態の日本を救う為に、神御自身が聖霊の恵みに与った人達を結集させて、この協議会を造られたと手束牧師から報告されました。2001年の第2回全国大会には、台湾より彭徳貴牧師をお送り下さり、この事を契機に台湾教会更新服事団との協力体制が作り上げられました。

 今回は、日本キリスト教団総幹事の竹前昇先生が始めて出席され、ご挨拶の中でこの会に招いて下さいまして有難うございますと、世話人代表の手束牧師に頭を下げられました。このことは、教団全体に聖霊運動を起こして行きましょうと言われている様に私には感じられましした。プロテスタントに属する8000教会の3分の1を占める日本キリスト教団のリバイバルは、正に日本の教会全体のリバイバルへと発展致します。

 そして特筆すべきは、日本民族総福音化運動総裁であられる申賢均牧師を今回のゲストスピーカとしてお送り下さった主の御計画です。協議会の後に、第一回の総福音化運動の理事会が持たれました。聖霊刷新協議会がいよいよ市民権を得て、民族総福音化運動を推し進めて行く事を願っています。二つの大きな車輪が力強く回り出すように祈って参りましょう。

 神様の一方的な御恩寵により神の子とされ、聖霊の恵みに与った私達は各自に与えられた賜物を駆使して、更に祈りつつ仕えて行きたいと思いを新たにさせられています。
 主の御名を誉め讃えます。

聖霊の恵み広さ、深さを実感して

                    小樽聖十字教会信徒
                     出村 隆雄


 今回神様からの恵みによって、7月20日〜21日にかけて全国大会に参加することができました。
 当初は「せっかく行くのだから、何か目標もしくは目的をもって行こう」と思っていたのですが、なかなか焦点を絞ることが出来ずにもやもやしていたのですが、最終的にあえて焦点を絞らずに、大きな空っぽのカバンで、とにかく見て、体験して来ようと思い参加してきました。

 まだそのカバンの中のお土産を整理できずにいるのですが、まず、高砂に着いて初めに聞いたのは、前夜祭での津村先生のメッセージ。この大会は日本全国の教会(イエス様の基地)を聖霊によって結ぶ働きなのだとのこと。また、いまくすぶっている聖霊の煙に火を点ける働きなのだということ。そしてその点いた火を手に抱えてばら撒け!との力強いメッセージでした。自分のなかのくすぶっている煙に主が火を点けてくださり、その火を燃やし続けて主を待ちたいと思いました。

 大会当日、午前中は全国各地から聖霊の恵みの証し、讃美とメインスピーカーである申先生のメッセージを受けました。二人の方の証言や、亀有教会の讃美、高砂教会の讃美などを聞いていると改めて聖霊の恵みの広さ、深さを感じ、また、その恵みをそれぞれの教会が神様から与えられた形、方法によって表現していました。申先生のメッセージは正直、笑いすぎで内容をはっきり覚えられませんでした。でも聖霊様の力で申先生が一八〇度変えられた姿を見せて頂きました。この恵みは、何も高砂教会だから、東京の教会だから、また、韓国だからではなく、同じ神様によって聖十字教会にもすでに与えられている。そのことを自分自身がいかに忘れていたことか気づかされました。そして何より参加者全員、その恵みをそれぞれの教会(基地)で与えられた賜物、奉仕によってまだ知らない人々に伝え、表していました。そんな兄弟姉妹が日本全国から一箇所に集まり主をたたえている姿が自分にとって何よりの励ましと、力になりました。

 午後からはそれぞれ自分の希望する分科会に参加しました。分科会は五つに分かれていたのですが、「地域を支配する悪霊との戦い」に参加しました。講師は手束先生。写真でしか見たことのなかった教育館で行いました。使徒行伝一六章一六節〜一八節からの学びでした。その中で心に留まった事は、それぞれの家庭の中、普段の生活の中で聖別されるということ。いくら日曜日礼拝においてたくさんの祝福と恵みを受けて帰っても家に帰った瞬間、その家にいる悪霊にその恵みを奪われ、盗られてしまっている。まずはそれぞれの家庭が聖別され清められることが必要。それと教会も同じく悪霊の住みかになっていないか、悪霊追放のお祈りを教会で捧げる事が必要。実際に悪霊の住む教会を手束先生はいくつも見てきたとのことでした。

 そしてなんといっても、それぞれの地域には悪霊の性格、特徴がありそれを知り、その反対行動をあえて起こすことが勝利の秘訣であることを知りました。たしかに、周りの環境、風土に染まってしまうことがあります。今回移動に関しては、レンタカーを借りて高速道路を使っての移動。途中幾つも料金所があって、北海道では料金所でお金を払うとたいていは「ありがとうございます。」と料金所の方が言うのですが、あちらでは、「おおきに!」なんです。初めは自分も「どうも〜」とか言っていたのですが往復八箇所も通る料金所。後半は「おおきに!」と言っている自分がいましたし、なんとなく、話の語尾が「なんでやねん」調になっていて、これは単に自分が染まりやすいだけなのかもしれませんが、それぞれの地域に住む悪霊の性格、特徴というものは、このように地域によって違っているということの一つの現れなんだなと思いました。 焦点を絞って悪霊に反対行動を起こす。実例として高砂教会ではまず、金銭に執着する霊、貧乏根性の霊、ひがみの霊が非常に強い地域であり、その反対行動として、教会ではたくさん献金をする。華やかに、なんでも華やかにする。そして感謝を捧げる。これらの反対行動をとって勝利しているとの事でした。自分たちもこの小樽で焦点を絞った悪霊との戦いを反対行動によって、また、讃美と祈りと伝道の力によって勝利して行きたい。また、自分たちの教会にも聖霊の恵みは与えられているし、灯火も揺らめいている。そのことを思い出させてもらいました。

 慌しくあっという間に過ぎてしまった二日間で、まだまだ、カバンの中のお土産は整理できずにいるのですが、必要なときにそのお土産が蓋を開くんだなと、また、教会を、自分を用いてくださいと主に祈ることを教えられた大会でした。

聖霊に満たされて成長し続けたい

                       新松戸教会信徒  
                        
酒井久 美子

聖霊刷新協議会第3回全国大会は、私にとっても三度目の参加になりました。2年に一度、高砂教会へ行きますが、第1回目から、もう5年が経ったのだと驚いています。

 私が初めて、全国大会に参加させて頂いた時は、洗礼を受けてから日が浅く、まだまだ聖書や教会、聖霊について牧師先生に時間を作って頂きながら、学んでいる最中でしたが、私の始まったばかりの信仰生活が、全国大会と同じ5年目を迎えられた事にも感謝しています。

 又、私達の教会でも「祈りと賛美の会」があり、リニューアル・ミニストリーの時が持たれています。月に一度、第3日曜日に亀有教会で行われています東京地区の聖霊刷新祈祷会にも参加させて頂き、津村友昭牧師・津村悦子牧師・鈴木靖尋牧師に、聖霊の働きを体験させて頂いています。そこでの賛美チームがいつものように全国大会で賛美している姿に感動を覚えました。 
 学びと体験を繰り返し受けて行く中で、私の心は次第に癒され、満たされ、浸されて来ました。そして、自分の力で立つのではなく、いつでもどんな時でも共にいて、導き助けて下さり、今も生きて働く聖霊の臨在に守られているのだと、感じる様になりました。共に泣き、共に苦しみ、共に喜び、共に歩んで下さっている主を日々感じています。 

 私にとって、全国大会に参加するのは、とても大きな事で、大勢の人たちとの交わりや証、讃美や説教などの全てが新鮮に感じられ、成長していく為の良い機会に成っているのではないかと思っています。 
全国大会のメッセージの中で講師の申賢均先生は使徒行伝2章からメッセージされ、「聖霊体験をすることにより上よりの力が与えられて証しすることが出来る」と語られました。そして体験的に、心を込めて主に真剣に祈られた証しを聞くことが出来て感謝です。私も祈る事の大切さを再度、気付かされ、又同時に、私は今まで牧師先生をはじめ多くの人から祈られ、そして、守られて来たのだと強く感じました。 
 
 教会に通う為、色々な誘いを祈りながら断り続け、信じて行動するなら、必ず時間がかかっても理解して貰える様に成ることを私は知りました。多くの人の強い祈りがあったがゆえに、今も私は教会に集い、聖書を読む事、讃美の大切さ、聖霊の働きを体験しながら学べる事を心から感謝しています。 2005年の聖霊刷新協議会第四回全国大会を期待しながら、一歩づつ確実に成長して行きたいと思います。

協議会は教団の希望

                       要町教会副牧師
                     野澤 菜奈

 伝統的な全体教会の中に生じ、共にこの教会形成を担う使命を抱く聖霊刷新協議会の意義を考えるとき、全国大会の会場に充ちていた賛美を思います。スローガンや特定の目的ではなく、賛美によってひとつでいようとする人々。あの賛美の柱は、教団が人に対してではなく、過去の傷に向かってでもなく、ただ幼子のように単純に主を見上げることで、癒され立ち直っていくようにとの祈りだったのではないでしょうか。 

 祈りと賛美の思いの中で、講師の申賢均牧師より「第二の五旬節を待とう」と題してユーモラスにメッセージがあり、励ましが語られました。また来賓として参加してくださった教団総幹事の竹前昇牧師の言葉は、大会の中での大切なアクセントとして心に残りました。「キリストの十字架と復活の福音を知ったから、わたしはもうどうなってもいい」。困難の多い立場にあって、闘い、痛みを受けつつ、教会の在るべき場に立ち続けようとされる竹前牧師の心積もりは、聖霊の恵みを求める祈りと、主の十字架と復活を仰ぐ信仰を結びつけました。 

 昨年開催された教職者大会で、山北教団議長(当時は副議長)が聖霊刷新協議会を「教団の希望」と言ってくださいました。勿論、励まし立て上げようとしてそう言ってくださったのですが、この言葉は、私の心には「希望である」というよりも、謙遜に歩み、「教団の希望になれ」との厳粛な主の語りかけのように響きました。私たちは教団にあってしばらくの間悩み、闘い、教会について真剣に考え、主の救いを求めて祈りました。今日、教会に働かれる主のみ業に圧倒されて力の限り賛美をささげ、聖霊の力強い関わりを求める人々の輪が拡大していることは、主の憐れみの業ではないでしょうか。「今こそ目覚めのとき・・・」響きわたる賛美の声は、私たちの教団が、どのような苦難をくぐっても、命を失わなかったことを証しているかのようでした。むしろ、痛みつつ、真剣に主を呼び求めた祈りの日々は、時を経て信仰覚醒運動を始めさせたのです。 

 分団に分かれてそれぞれの必要に応じたセミナーを受けた後、再び一堂に集まって賛美をささげ、祈る時間をもちました。それぞれの教会のために、教団執行部のために、そして日本基督教団のために。共におられる主の恵みに包まれ、祈り、日本伝道の希望を強められた一日でした。

 『キリスト教の第三の波-カリスマ運動とは何か-』
 キリスト新聞社刊
  手束正昭著  定価1,800円


 本当はナイショにしておきたかった。電池切れ、SOSだった。誰にも気づかれたくなかった。自分でも認めたくなかった。だからやめたかった。ヤソを勿論牧師も。でも誰にも気づかれたくなかった。とにかく何か一冊をとお義理で買った(1986年11月)その一冊で生き返った。焦りが消えた。平安がきた。光が見えた…それでも隠れていた。信徒の告発「教団にも聖霊派があるのに」と…それから 交わりに出させていただいた。それでもいまだに「隠れ」である。終わりまで隠れのままかもしれない。ゲリラ兵なのかもしれない
日本基督教団 阿久根伝道所牧師 輿水正人