新松戸教会牧師

       津村 悦子

        
Etsuko Tsumura




 2002年5月19日のリバイバル新聞に特集として記載されていた「聖霊運動の歴史と現在」と云う記事を読む時が与えられました。

 約100年前に始まり、急速な勢いで全世界に拡大して来たこの歴史や現状は、1世紀の間にキリスト教界全体の中で主要な位置を占めるに至ったと分析してあり、異言を伴う聖霊のバプテスマを受けたことに象徴的な起源が求められるこの運動は、神学的には19世紀で全世界に爆発的に拡大して来た。この流れは従来の教派を出て新たな教団を形成するに至ったとあります。

 日本キリスト教団の中にもその働きが流れ、喜びと苦悩が生じる事となったことは云うまでもありません。(私も聖霊体験をしていましたが信じられない心境でした)。古くて新しいこの働きを教団の牧師、信徒の方々に伝える使命があります。世界の私の訪問した国々では、この働きは伝えられカトリック、福音派教派にも拡大し、第三の波と呼ばれるゆえんでしょう。10年前に2・3回ですが聖会の会場にのぞき見した所では、「リニューアル・ミニストリー」が行われ、聖霊によって安息を得ている人々の姿があり、肉体や感情面に起こる現象はすでに何万人の人たちが経験をしています。単に賜物だけを求める信仰は問題があり危険であると言えるでしょう。しかし「主から与えられた時」これは何故だろうと、教団出身の神学でこちこちの私たちには未地の世界ではないかと、体験した後と前とでは受け取り方が雲泥の差があるのには驚きであったと言えます。無名の私たち夫婦にこんな素晴しい賜物を与えられたことは、もうその時が来ていると言わざるを得ません。13年前の私の聖霊体験の意味がやっと裏打ちされました。

伝統的な教派に属する牧師、信徒の方々がこの聖霊の波に導かれることを祈ります。私たちもそれなりに主の霊に満たされ喜んで燃えていた者ですが、それ以上の解放と聖霊の注ぎによっての神の完璧なみ業を実感しています。

この聖霊の働きに対して、反する悪しき霊の働きも、さまざまな形でおしよせて来ているのも事実です。この事柄は二つの方向に分かれていると言われています。

第一方向として―「さらに祈りの中へ、父なる神を待ち望み神の声を聞く」。

第二方向は―「誘惑の罪の中に入り込み、否定的になる人たちと、別れて行くと、しかし、それも時間の問題でやがて変えられて行くことを確信しています。

聖書は「神の霊感によって書かれた」とあるように、ご自分の意志によって人類に示された記録ですから、信仰の中心にあるのは、歴史に働く主に出会って経験、体験を通して神の存在を知ることと思います。

み言葉に「神の国は言葉だけでなく、力にある」と云うみ言葉に出会った時、一瞬ドキンとしてハレルヤと叫んだものでした。まさに賜物の到来はそれを意味しています。賜物が有る無しで信仰を左右することではないので誤解のないようにと思います。主が私たちに約束されたその力は、一つは内側に働く内的な力と、外に向かって働き出す力とに分かれますが、内側に働かなければ、外側にも働かないものでしょう。この神の力は何の為に下さるのか考えて見ると、教会が力に満たされるように、又教会が聖なるもの、愛と云う大きな信仰で支配されるように、主が望まれたのですから、「み霊の力を受けよ」と私たちに約束して下さったのです。サタンの働きによって教会が分裂を起さない為にもあり、神の主要目的は宣教ですから、私達はその主を伝える使命があります。物理学者、哲学者で神学者のブレイズ・パスカルは「神の存在に触れた」と語っています。デイビット・ブレイナードは「…内側に歓喜と充足がある」と語っているように、私たちの信仰もそのような充足感を持っているかどうか問われているように思われます。

テサロニケTの1章5節には「私たちの福音があなたがたに伝えられたのは、言葉だけでなく、力と聖霊と強い確信によったからです」とあるように、主は、どこでも、誰にも救いと力を与える遍在の主であるから、歓喜と充足の満足感に触れることが出来るので真に幸せと言えます。

私の50年の信仰歴の中で、求めていたご聖霊の出会いによって、一切の欠け、疑問が解決し補われて、その実感を持つに至った事は非常に感謝、感激でした。






  聖霊様のサーフボードに乗って

           高砂教会牧師夫人
   
              手束 美智子




私は牧師家庭の長女として育ち、戦後の焼け跡に建てられた教会の中で繰り広げられる様々な牧会の現実の波にもまれながら大きくなりました。その頃の教会は、礼拝堂以外の部屋はもちろんのこと、屋根裏や庭の物置まで行く当てのない人々で溢れかえっていました。牧師館は礼拝堂の裏で、台所も一つしかなく難民収容所のような有様でした。母は過労のため高血圧の症状が悪化し、私が小学校時代からよく寝込むようになっていました。

さらに、私が高校生になった時、教会に分裂騒動が起こり、有力者といわれる人々が半分の人を引き連れて教会を去って行きました。苦難の連続はこれに止まらず、父を支えて早天祈祷会を守っていた忠実な婦人達が三名相次いで亡くなられ、その最中私の母も重い脳卒中で半身不随となり寝たきりの生活を余儀なくされてしまいました。

これにはさすがの父も牧師として立つことが出来なくなるほどの痛手を受けました。しかし、憐れみの神は決して見離さず、牧師を続けさせて下さり、神様は父に更に深く聖書の奥義を探求させて下さり、やがて聖霊体験へと導いて下さったのです。

私は、母の牧師夫人としての苦労をまざまざと見て育ったため、決して牧師夫人だけにはなりたくないと固い決意をしていました。にも拘らず、神様からの取り扱いに負けて降参し、牧師の妻となることを決意するに至りました。その決意を知った父は大いに喜んですぐにお見合いを取り計らい、手束牧師との摂理的な結婚へと導かれたのです。

父が聖霊体験をした頃、すでに私たち夫婦は高砂教会へと導かれていました。けれども高砂教会の牧会第一歩より数々の難問が待ち構え、若い私たちは緊張と頑張りで疲れ果てていました。そこへ聖霊の体験をして喜びに溢れた父が自らの体験を語り、高砂教会の夏期修養会の講師としてやって来たのでした。その時そこで起こされた聖霊の御業は驚くべきものでした。そしてその聖霊体験によって、当然の如く教会内に混乱が生じ、分裂を乗り越えて聖霊刷新の業が実を結ぶ現在の高砂教会とされるまで、七年に及ぶ確執を経ることとなりましたが、主は絶えず導き続けて下さいました。

その中で私も大きく変えられていきました。サタンの激しい攻撃は父の時と同じ手口でやって来ました。その中で五歳の長男は瀕死の大やけどを負いましたが、聖霊の体験をしていた私は、その苦難の真っ直中に鮮やかにともにおられる主の臨在と慰めと愛に感動し、状況は悲惨なのに魂は感謝と喜びに満たされていました。本当に不思議な体験でした。

 母の姿を通して、必死で頑張るロッククライミング型牧師夫人であった私が、聖霊様のサーフボードに乗って大波の上を滑るサーフィン型牧師夫人へと変えられているのではないかと自己解釈しています。あれほど疲れを覚えていた肉の頑張りから解放されて、生きて働かれる聖霊様に委ね信頼して祈る時、最善に導かれることを体験して心より主に感謝しています。問題の尽きることはありませんが、主の御業に預かる苦労を喜びつつ更に主に仕えていきたいと願っています。


 






『甦るタイヤル族の教会』
日本キリスト教団聖霊刷新協議会発行
黄田勝著  二宮忠弘訳
頒布価格700円


        台湾の人口2200万余の中で二%を占める約40万人が先住諸民族です。その中の一つタイヤル族の中で聖霊による爆発的な覚醒運動が起こりました。それは1972年7月7日に始まり今日まで続いています。この本はその初期の出来事が書かれています。
 台湾基督長老教会の中で起こったこの聖霊覚醒運動と深く関わった牧師の一人がこの本の著者黄田勝牧師です。
 ちょうど福音書記者がイエスの出来事を忠実に書こうとしたように、この本も同じような書き方で事実をありのままに書いています。突然聖霊が降ってきて「痛い」と叫んだことから事は始まりました。そのような不思議な事実を書いています。詳しくは本書をお読み下さい。
 台湾基督長老教会で起こったこの聖霊覚醒運動が宣教協約を結んでいる私たちの日本基督教団でも今すぐに同じように起こることを期待します。しかし、その時、教会の中から誤解、反対、無視、争い、そして失敗も生じるでしょう。この本はそのこともありのまま書いています。ある日突然聖霊がくだってきた時、果たして私たちはどうするでしょうか。台湾の教会で起こった事実の一端を知らされるだけでなく、私たちの日本の教会でも起こるであろう事を示されます。沖縄のすぐ近くで起こったこの事実をぜひ読んで下さい。訳者は台湾の神学校で教えておられた二宮牧師です。非常に読みやすく翻訳されています。またこの本は聖霊刷新協議会が発行する最初の本です。事務局にご連絡下さい。お送りいたします。




(15)聖霊とは愛である

                小樽聖十字教会牧師
                      小栗 昭夫

 少なくとも23年前まで、私は「聖霊」を神学上の用語として理解していました。つまり、「聖霊とは神の力である」と。ただそれだけのことでした。現在でも、私はこの説明自体間違えているとは思いません。しかし、あの当時と現在との間には決定的な違いがあります。あの頃は、聖霊を用語のひとつとして理解していたのですから、当然、論理的な枠の中でのみ了解していたのであり、未だ体験はしていませんでした。

 従って、目に見えない、手で触れることもできない、しかも科学的(合理的)に検証もできない「霊」なるものをあまり強調し過ぎると正統的キリスト教信仰の道を見誤る恐れがある。あくまでも、合理的、理性的方法論で検証できる範囲の枠内で「信仰」を取り扱わないならば有害ですらある。と考えていました。そして、それが最も正しい態度であると自負していました。

 しかし、1981年六月五日、いわゆる「聖霊体験」をしてしまって以来、価値観がすっかり逆転してしまいました。神は本当に生きておられる。神は本当に愛なるお方であられる。神は私に(私たちに)ご自身の力である聖霊を注いで下さる。ということを体験してしまったのです。それは、私の側からは予想も期待もしていた訳ではない、全く突然に、思いもよらぬ時と場(高速度道路走行中!)での体験でした。この時の様子は、これまでにも幾つもの文書で公けにしてきましたので、改めて記すことは致しませんが、その結果、信仰とは、論証できるもののみを受け入れる所作ではない。信仰とは、合理的に検証できるもののみに留め置くものでもない。超越者にして、かつ、内住したもう生ける神に触れられる経験であった、と云うことを知ったのでした。そして同時に、聖霊の実は愛である、ということをも知りました。聖霊に激しく覆われている最中は何もかもが「愛」の中にあることを実感しました。それ以来、裁きや批判が湧きあがっている場所には決して聖霊は臨在しておられないと確信するようにもなり、執り成しの祈りを学びました。

 これまでにも、多くの方々との出会いの中で、「私にはまだ神様が実感できない」「信仰の確かさが欲しい」との切実な言葉を耳にして来ました。そうした方々に対して、安易に「信仰とは体験を優先させてはいけない。あくまでも信じることだ」との教科書的な応答をするのではなく、「それは貴方の不信仰のせいなのではありません。全てには神様がご用意なさる時があります。私もそうでした。ですから、貴方の願いが実現する時まで感謝を持って祈りつつ待ちましょう」と申し上げることにしています。何故なら、祈れることもまた、聖霊の賜物だからです。



第9回
要町教会
牧 師野澤 満雄

 もともと小さい教会だったが、不祥事が起こり、牧師が交代した。着任した夜、飲みに行こうと青年たちに誘われて断った。前任牧師に連れられて飲食して歩くのがそれまでの常習で、その遊興費のための不祥事だった。飲酒や人の交わりより、聖霊の魅力こそが素晴らしく、求むべきものと説いたが、まもなく青年の多くは現われなくなった。この時、おのずと教会の路線が定められたことになる。
 その後4年間は、表面上問題なく、むしろ、懸案の建築を成し遂げ、数々の癒しが起こり、悪霊は去り、人々は幻を見るなど、この教会がそれまで知らなかった霊的な恵みが注がれて、純化と基礎作りが進行中と思えた。
 問題は、5年の任期が切れる前、牧師の去就を議する総会の時に突然起こった。最古老の信徒によって長欠の信者らが呼び集められ、最近受洗した信徒等は欠席を促され、牧師再任の議案を用意した役員会さえ、急な事態に押し流されて反対や白票に転じ、再任は否決された。策謀の始まりだった。
 主の導きと確信して赴任してきたので、この事態に驚き、「御心は?」と神に問うたが、教規に則る『辞任総会』がもう一度必要と知るに及び、主の御手を直感した。
 役員達が辞任し、役員会の機能が殆ど失われたが、策謀など不正の上に形だけの教会を継続させることに躊躇を覚え、非常事態と認識した。こうして教区・支区など外部に、多数の中傷文が出回ることになった。
 そのような中で、ただ一つ、自身に課したことは、自分の意志によらず、神意に従うことであった。ここに、カリスマ信仰の独自性がある。カリスマ(賜物)の中には預言や知恵や知識など、啓示的賜物があり、この度は、そうした賜物を受けた人達の助けを借りた。一度は考えた辞任の気持ちを翻させたのは、複数の人達を通して与えられた預言であった。だから、ある時、『聖霊に導かれてきた』と皮肉り、『主観だ』と批判して乗り込んできた者がいたが、聖霊の賜物に対する無知の業である。啓示の一例だが、私達は訴訟が起こされることを事前に知っていた。一人の教会員が、法衣を着た裁判官が我々の間にいて、助けてくれる幻を見たからである。かく、時宜に適う導きがあり、み言葉はさやかだった。導きを信じる人達は皆、忠実にそれに従い、又勇敢に闘ってくれた。みごとだった。
 いろいろあったが、教界の方々、政治家、弁護士、警察機関など、驚くような助け手を与えられ、五つの裁判、教区の戒規審判など全てに完全な勝利を見ることができた。この闘争に五年も費やしたが、教会は潰れもせず、毎年新しい信徒を生み出しながら保たれてきた。聴従の中で、闘い給う主にお出会いした、と言えようか。教友の執り成しに感謝申し上げる。
 現在、一新された教会員、求道者と共に、開拓の如き希望の歩みを進めている。